忍者ブログ
中森明菜歌姫伝説の日記と落書きなど
[1]  [2




あつ菜
3作目から登場
公式が命名したちび菜

既存のちび菜に目だけ仮面(ヴェネチアマスク)を付け
服の色が赤、赤紫、暗めの赤になっているのが特徴
ちび菜によってデザインが異なる


myちび菜で選択できるちび菜と、予告をするラフ菜の11人のあつ菜が存在している


ライブモード中のリーチ中、下のサブ液晶にあつ菜が通ると参歌する












あつ菜?
開発段階でボツになったあつ菜
ちび菜より悪そうなので「ワル菜」と名づけられてたとか













Crazy Love
2作目の新曲、ちび菜は存在しない実写リーチである
ちび菜キャラ系リーチ、1/2の神話歌い切り等から発展

扉の色が違ったり、タイトルが平仮名だったりするとチャンス

正直ホールではあまり歌声が聞こえない・・・














モンスター 
通称「モヒカンガイコツ」
3作目のライト台、マックス台に登場

大当たり後の演出で登場
伝説のマイクを手に入れればST突入の際に、ちび菜の邪魔をする存在
アイドルの顔に手を出す不届き物


撃破でライブモードに突入する

変身するちび菜によって勝利期待度は変化


1/2の神話<北ウイング<DESIREの順で、DESIREは勝利確定
















ピンクレディーさん
1970年代中ごろに大活躍した超アイドル2人組、ミィさんケイさん

パチンコ台も大ヒットし、デジ羽含め4台もホールに送り出した
初代は過去最大に売れたといわれている

が、4代目は台枠が発火の恐れがありとのことで稼働中のホールから姿を消した・・・


初代歌姫伝説の1/2の神話リーチ中に、CRピンクレディーのフランケンが登場するとプレミアであった














所ジョージ
知名度と好感度がすんごい人

本業はシンガーソングライターなのに全然CDが売れない
知名度とCDの売り上げが日本一差がある人かもしれない


所さんのすんごいパチンコ台で活躍
ダーツを投げたりゴルフしたり、宝くじやったりと割とテレビでやってることをパチンコに盛り込んだ

しかしこの台をリリース後宝くじのCMを降板

デジタル所さんとしてスロットも出した
どちらも2作目は無かった・・・

歌姫伝説とは関係ない













ダイナマイト君
歌姫伝説をリリースしてるダイイチのシンボルキャラクター

歌姫伝説シリーズ内で登場するとプレミアである










ひぐらしのく頃に

人気ノベルゲームのパチンコ
スロットもリリースされている
惨劇を回避せよ!
PR


花よ踊れ 2006年05月17日 リリース
TATTOOから18年後の曲
ド派手な衣装が特徴

初代の特別ラウンドで使われたGAMEのA面シングル


歌姫伝説では3作目から登場
成功すればライブモードへ直行の打ち手参加型のリズムゲームでの出演となった


成功確率は18.9%とのこと

初代、2代目に有った確変潜伏は3作目では存在しない

新ちび菜の実力をいかんなく発揮・・・かと思われたが
少女Aリーチ、スローモーションリーチの後にもライブモード突入の抽選があるため出番は少なめ


また突然確変の振り分けも10%であることから活躍の場は尚の事微妙ではある

ライブモードでは登場すれば大当たり確定
歓喜のライブを堪能しよう











ここから二次創作とかお花コレクションとか


第一印象は「描けるかこんなん!」でした
と思いましたけど意外と何とかなってる気がします

なんと平成に入ってからの曲ですね


頭の花の被り物を取り換えて色んな花を被らせてしまいます


最年長なのにテンションの高い絵が多いです



















通常画面でよく見るちび菜 通称「ラフ菜、シャツ菜」

2作目から登場、主に予告を担当し、専用リーチは無い
紫と長いアホ毛が特徴

中森明菜の色んな曲を歌って予告したり、ロープを引っ張ったり、着替えたり、転んだりオーラを放ったりと多彩な予告で画面を賑わせる


服のセンスがおかしいときがあり、てんとう虫柄、虹色柄のシャツを着てくる時があるが打ち手には好評
毎回着てほしいものである


運動神経が悪いのか、投げる方が悪いのか飛んでくるマイクをキャッチできない
疑似連2回目には取れる、もう一回落としてもいいんですが


A菜同様によく転ぶ、やはり運動神経が・・・



3作目ではシャツ姿ではなくなった

前作に続き予告を担当、今作で更に出番が増えた

相変わらず転び、マイクもキャッチできない
保留変化は彼女のアイコンである
保留を変えるために爆弾を投げては暴投する

やはり運動音痴である
だがゴルフだけは得意なようで旗包みショットを見せる時がある


歌姫チャンス時の図柄も彼女
右下の役物も彼女である

この右下の役物は出てくる玉の色によって信頼度が変わる
金の玉が出てくる時があるが、役物とはいえアイドルに持たせていいのかどうか
てんとうむし玉でよかったのではないかとの声も


ちび菜ルーレットの際はバニー姿を披露
もっと着るべきである


ライブモードでも保留変化でシルエットで登場
色が熱くなるたびに動きが早くなっている

リーチ中に下の液晶画面に彼女のあつ菜が登場すると、メイン画面であつ菜が参歌し、デュエットをする











ここから二次創作的なウキウキイェイイェイ



予告満載ちび菜さん
もっといい服に着替えてください

シャツは文字とか書き込めたりして好きです、描きやすいですし
3でシャツじゃなくなりましたけど


ちょっと他のちび菜とは絡ませにくいですね、浮いてます
 


難破船 1987年9月30日リリース 通称「難菜」
19枚目のシングル
TANGO NOIRの間にBlondeが入る
加藤登紀子にが1984年にリリースした歌をカバー

レコード大賞金賞 優先放送大賞最多リクエスト歌手賞等、これまた多く受賞
年間オリコン6位 売上枚数は41万枚を記録した
(1位は瀬川瑛子の命くれない)


難破船を歌ったとき中森明菜はまだ22歳という若さである
なんという早熟であろうか・・・


歌姫伝説では三作目から登場

やはり曲が多すぎたのか、リーチではなく疑似連予告としての登場

当然疑似連の回数が多いほど信頼度は上がって行く


最後まで歌いきると大当たりらしい
各疑似連変動ごとにチャンスアップあり


その歌の内容から基本しかめっ面で歌う
笑顔が見れるのは演出前がほとんどであろう


ライブモードでは登場すれば大当たりのプレミア扱いである


思い出したかのようにチラッとシルエットを見せる時がある
保留内に赤保留や熱めのチャンス目が連続したら歌ってくれるかもしれない













ここから
二次創作的とか個人的感想とか



振袖を着てるちび菜さん
難破しちゃったら可哀想なので漁船に乗せることにしました



振袖の色とか髪の色が安定しません
蝶々のような髪飾りを後頭部にしています
っが、滅多に後ろ向きの絵を描かないので描き忘れがち


22歳でこれ歌えるって凄いですよね
私が22の頃なんてもうあれですよ、アホでした、今もですが









 










TATTOO 1988年5月18日リリース 
21枚目のシングル
難破船の後にAL-MAUJを挟んでの曲である

売上枚数は29万枚
この数字は歌姫伝説で採用されてる曲の中ではスローモーションに次ぐ少なさである


煌びやかなボディコン衣装は話題となった


歌姫伝説では2作目から登場 通称「タトゥ菜、トゥ菜、外菜」


画面中央に立ち、図柄3つ消灯でTATTOOイントロ開始
イントロの3回転のうちに図柄がテンパイすればリーチと言う初代の誰とも被らない演出である


リーチの信頼度はサザン・ウインドと同じくらいである

ライブモードでは確変、15ラウンド期待度は一番高い(歌いきれば確定?)




歌姫3でも活躍が期待されたが・・・

三作目ではまさかまさかの通常時、ライブモード共に出番なし
サブ液晶のmyちび菜でも選択肢に上がらない

かつて「社長」と呼ばれることもあったちび菜であるが、その扱いは一気に窓際族にまっさかさまに落ちてしまった


役物にTATTOOちび菜を作るという話も開発段階であったが、DESIREちび菜に取られてしまった


そんな彼女の数少ない出番はライブモード終了後の3回転
ここでリーチが掛かれば彼女の姿を拝めることができるだろう
この3回転はST中であるため希望は捨てないでほしい


内容は2作目と似ておりTATTOOのイントロに合わせてリーチを狙う
前作との違いは、リーチが掛かれば大当たり確定であるということ


レジェンドモードでは歌だけ登場
実写の中森明菜が歌いまくる
信頼度は2番目に高い

この時TATTOOちび菜は出てこない・・・















ここから個人的感想とか二次創作的なアレ




出番の無さではトップクラスのちび菜さん
2では最年長設定ですね

赤いボディコン姿が特徴です
イヤリングがチュッパチャップスに似てます

お団子のところのリボンが何故か片方に長く描いてしまいます


いつごろからか目を三白眼で描いてしまうことが多くなりました

3ではせめてMyちび菜に入れてあげてほしかった・・・

割とツッコミ気質、もしかしたら北菜に次ぐ真面目キャラかもしれません
  



LA BOHÈME

DESIREのB面曲
SAND BEIGE、後にTANGO NOIRを生み出す都志見隆によって作曲


歌姫伝説では3作目から登場 通称「ラボ菜」
今作の3ラインリーチ担当である


DESIREちび菜と同じ髪型が特徴のちび菜
違いは髪の色の薄さと服装と信頼度の低さである
1/2の神話以上、北ウイング未満くらいであろうか



3作目の満を持して登場した新ちび菜
ではあるが、その扱いはあまり良いものでは無く、彼女もまた不遇の存在である


3作目は今回使われた曲数が多いこともあってか出番も信頼度もかなり控えめ
初代で十戒、2作目のTANGO NOIRが務めた3ラインリーチよりも信頼度は低い


甘デジのライブモードで他の2人の新ちび菜である、花よ踊れちび菜、難破船ちび菜が登場するとプレミア扱いに対し、なんと彼女は出番を与えてもらうことすら許されなかった


また大当たりラウンド中にLA BOHÈMEを選択すると大体サビの前にラウンドが終わってしまう
(最も出だしがサビである曲ではあるが)


姉より優れた妹などいないのだという現実を見せつけられた可哀想なちび菜であった・・・

果たして次回作があるとしたら彼女の出番はあるのだろうか心配である















ここから二次創作的な




前記した通り淡い髪型と光沢があるグレーのジャケット(?)を羽織ってるちび菜さん
あとスカートじゃないって結構レア
今までで一番描いてこなかった人

おかげで服も適当シャツみたいになってますね、どこに目付けてるんでしょうね

無理矢理キャラ付けして「ラボ」だから研究室、博士キャラだなと改悪
創作では変なもん作るドラ〇もんみたいになってきてます

一番いじったちび菜です

デザ菜とは性格は似てません、きっと















 

TANGO NOIR  1987年2月4日リリース
17枚目のシングルであり、DESIREの間にジプシー・クイーン、Finを挟む
34万枚を売り上げた
歌も当然さることながら派手な踊りも特徴
衣装は重いらしく、のけぞった振付の後に起きれなくなったこともあったという



歌姫伝説では2作目から登場 通称「タン菜、ノア菜」

その風貌は衣装は黒づくめで、肌が白く、ハッキリとした二重、長く垂れたアホ毛、口紅が特徴
他のちび菜と比べると大分デザインに差があるちび菜である


初代で言う十戒ポジションの3ラインリーチ
信頼度も高め
バラにまみれた後半や、指をクイクイッとするポーズ、再現された踊りはファンを魅了した


そして十戒には無かったライブモード参戦
そのライブモードも上から二番目の確変、15ラウンド期待度と見事な活躍であった



しかし3作目ではその輝きはまっさかさまに落ちてしまった
十戒と同じく、仲良く専用リーチが作られずロングリーチ扱い
カラオケリーチ以下の扱いになってしまった


ライブモードも十戒と同じく下から二番目の15ラウンド期待度に・・・


十戒もそうであるが、ライブモードでは扉の一枚目を超えることが出来れば意外と当たるとのこと
しかし、逆に言えば1枚目でお帰りになることが多いということでもあるが


ダイイチのサイトで人気投票が行われた際は4位にランクインしている
3位は十戒ちび菜であり、2人揃って後順位なのにこの扱いである・・・













二次創作とか妄想とか


このひともまた全然描いてないちび菜です
恐らく下から2番目か3番目
戒菜ばかり描いてましたからね!

肌が白いのは引きこもってゲームばかりしてるからだと思ってます

衣装は黒がメインで描きやすいと思うのにあまり描きませんね
ジャージ着せちゃってますし・・・

その二重から目が死ぬことが多いです

3のおかげで戒菜との仲が深まったかもしれません



ミ・アモーレ〔Meu amor é・・・〕 1984年11月14日リリース
27回レコード大賞受賞 有線放送大賞 FNS歌謡祭 最優秀歌謡音楽賞
第36回NHK紅白歌合戦出場曲


1985年の年間シングルチャートで2位を記録
(1位はチェッカーズのジュリアに傷心)


この年は6位と7位にも飾りじゃないのよ涙はとSAND BEIGEがランクイン


ちなみに1984年では6位に十戒、9位に北ウイング、10位にサザン・ウインドがランクインしている
1983年の8位にセカンド・ラブがランクイン


売上枚数63万枚
これはセカンド・ラブに次ぐ2番目である


ラストのアモーレ3連発は圧巻


マツコデラックスも中森明菜の曲で一番好きである


歌姫伝説では2作目から登場 通称「ミア菜、アモ菜、ミレ菜」

初代のDESIREポジションであり活躍に期待が持てた


・・・が、しかし


2作目からライブモードが5人体制と増え、彼女は期待度は真ん中の3番目


通常時では高信頼度のリーチで活躍するものの
TATTOO、新曲のCRAZY LOVEもあってか、前作DESIREほどの圧倒的な存在感とまではいかなかった



その鬱憤を晴らすかのようにキャラ系リーチでは酒をがぶ飲み

案の定ぶっ倒れる

図柄が酒に浸かってるのも衛生的に如何なものだろうか




それでもキャラ系リーチでは禁区ちび菜と、サザン・ウインドちび菜のリーチ失敗後に登場すればチャンスアップ


またイントロ先読みレーダー予告では彼女が出てくればチャンスであったりと多少は光を浴びている




3作目でも引き続き登場

DESIREに次ぐ2番目の信頼度を誇る


またライブモードのセカンドゾーンでは、歌いきれば15ラウンド確定と、2作目より注目を浴びることとなった


ダイイチのDESIRE好きすぎて、陰に隠れ気味な彼女の見せ場であろう









ここから個人的な意見とか二次創作とか


微妙に描きにくいちび菜だなーと言う印象でした

ですがもっと描きにくそうなサザ菜ばかり描いてたら、サザ菜にハマってしまいあまり描く機会が無かったちび菜です

2作目でのイントロ時の半目が印象深いので、その顔で描いてしまうことがあります



髪の毛跳ねまくりな人、シルエットにすると昆虫みたいになる

お腹にベルトですかね、巻いてるんですけど大体描き忘れます

左腕のリング、描いた記憶がございません

イヤリングがベアード様みたいですよね、ロリコンどもめ!




キャラリーチもあってか、どこかでお酒飲んでそうな印象

禁菜、サザ菜と3人でつるんでいそう

タン菜、タトゥ菜とも仲が良さそう















    
DESIRE -情熱- 1986年2月3日 リリース
28回日本レコード大賞受賞曲
紅白歌合戦出場曲


14枚目のシングルであり、ミ・アモーレの間に、SAND BEIGE -砂漠へ-とSOLITUDEがリリースされている


オリコン年間2位の曲
(1位は石井明美 CHA-CHA-CHA)

7位にジプシークイーンがランクイン


52万枚を売り上げた

この曲で2年連続のレコード大賞を受賞

おかっぱ頭に着物と言う奇抜な見た目、歌唱力、ダンスで日本を沸かせた名曲


賞もバンバン受賞した曲



いつごろからか「はぁ~、ドッコイ」とファンの合いの手が入るようになった


歌舞伎町2丁目の方にも人気の曲である





歌姫伝説では初代から登場 通称「デザ菜」


圧倒的な存在感と信頼度

彼女無くしてこの台は語れないであろう


個人的な感想だが、初代甘デジでの後半パートの信頼度は体感で8割はあった

多少弱い予告でも後半に発展すればなんとかなる、DESIREならなんとかなる
と言った、スラムダンクの仙道のような信頼を誇っていた



ライブモードでは歌いきれば確変確定であり、確変中はみんなが彼女の登場を待ちわびた



そんな彼女が陰りを見せるのが通常当たり後のライブモードである

前記した確変中のライブモードでも歌いきれば確変と言うことは、歌いきる確率は低いということである


それが時短中のライブモード(通称種無しライブとも呼ばれる)では顕著に表れる
この時ばかりは単発セグの女王である1/2の神話ちび菜の方が信頼度が高くなるという逆転現象が起こる


※勘違いしないでいただきたいが1/2の神話でも確変当たりは存在する




初代はこういったバランスもあってか(?)名機との呼び声が高い






2作目では出番は無し・・・かと思いきや


2作目においては疑似連予告でDESIRE曲だけ登場

と思いきや役物変動時に薄いDESIREちび菜が舞っていた




ライブモードではプレミア扱い

セーフのポーズを取っただけで図柄を揃えるという全盛期のイチローコピペの様な活躍を見せる




3作目では主役に返り咲き

役物でDESIREちび菜が作られた

(開発段階ではTATTOOちび菜も検討されていた

でもTATTOOは3作目では・・・後述する)




その主役っぷりを表記する

リーチの信頼度はトップ、ロングリーチで出てくればチャンス

ステップアップ予告も最後の信頼度が一番高いポジション



群予告では今作はDESIREちび菜群ばかり

(オールスター群はプレミア)



疑似連も曲数が増えたがメインはDESIRE

そもそも疑似連の図柄のちび菜がDESIREちび菜である



花よ踊れリズムゲームで登場すればライブモード確定

花よ踊れちび菜の見せ場を奪っている



そのライブモードでも歌いきれば15ラウンド


フィルムライブリーチでも実写でDESIRE熱唱

少女A、TATTOOリーチを抑えて余裕のトップの信頼度である

ミドル台に存在するバトルボーナスでは、北ウイングちび菜、1/2の神話ちび菜が

モンスター相手に苦戦する中、DESIREちび菜が選択されれば勝利確定


パーフェクトガイドの表紙もでかでかと飾る


とかなりの活躍を見せるが、初代の甘デジと比べるとリーチの信頼度は落ちている

初代と同じ感覚で打つと肩透かしを食うかもしれない




実は売上枚数は十戒、北ウイング、サザン・ウインド、1/2の神話より少なく、禁区より少し多い数字である
















ここから妄想モード
  
歌姫伝説の顏ですね、ハイ、圧倒的

衣装は着物なのですが、これがまたよくわかりません\(^o^)/

難破船の着物と比べると色彩が結構複雑

着方も右半身、紫の部分は割と肌に密着してて着物っぽくないですし


下半身もこれどう描いて良いやら未だにちんぷんかんぷんちび菜です

その為上半身ばかり描いてますが、その描きやすさは今まで描いた枚数で言えば戒菜に次ぐ2位だと思います、多分




目が死んでると評判です(?)


まともな絵が全然無くて焦りました

早い段階から目が・・・



非常に口が悪いです、画像あさってたら軽く引きました

もう少しおしとやかに描こう・・・


私の中で初代のメンバーは信頼度=精神年齢と考えてるので普段は落ち着き払ってます

(だからA菜はアホの子なのです)

お酒を飲むと若返ります



描いた枚数も多いから変な絵も多いですね、てか変な絵ばかりです

誰かと一緒のときは大体戒菜



家事は料理が得意だけど酒のつまみしか作らなさそう

プロフィール
HN:
黒栖欠伸
性別:
非公開
職業:
杏仁豆腐
趣味:
らくがき
自己紹介:
歌姫伝説大好き黒栖欠伸と申します。

ホールに行けないときは絵を描いて気分を紛らわせます。

ちび菜が似てない、ちび菜はこんな事言わない、こんな設定いらない、絵も字も下手で見づらい、デザ菜の目が死んでる等あります、すいません。
絵板(3代目)
http://oekakikeijiban.com/utahime/
ツイッター
https://twitter.com/kurosuakubi
最新コメント
[06/19 黒栖欠伸]
[06/13 パゲ姫]
[02/12 黒栖欠伸]
[01/29 パゲ姫]
[01/07 黒栖欠伸]
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]